ショボぐだら
ショボショボでぐだぐだな日々をだらだら書いたり書かなかったり・・・・・ ああ、この説明自体がもう既にショボぐだら。。。

プロフィール

ACIDGAG

Author:ACIDGAG
ようこそいらっしゃいました。
ACIDGAGでございます。
↓こちらのyoutubeチャンネル
 あわせてご覧下さい。
http://jp.youtube.com/user/ACIDGAG
よろしくどうぞっと。

acid_gag@live.jp



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

ACIDGAGホームページ youtubeACIDGAGチャンネル [filmo] CM、つくってみない? - 動画コンテスト [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宮崎めぐり

12月になってすぐ、宮崎に行くことになりました。
宮崎にはシーガイアがオープンした当初に行った以来なので約17年ぶりです。
天孫降臨の地といわれておりますし、ぜひとも高千穂峰や高千穂峡の真名井の滝や
天岩戸とか神話的名所を観に行きたかったのですが、どれもとんでもなく距離が遠
く交通の便も悪いので断念。せめて交通の便だけでもどげんかしてほしかった。。。
hikouki
飛行機が宮崎空港に到着したのがお昼頃だったので、とりあえずレンタカーを借り、
まずは青島港にある地元民御用達の食堂で腹ごしらえ。なんたって漁港ですからね。
窓の外はこんなかんじ。むこうに見えているのが青島です。
aosimagyokou
御覧くださいこのボリューム。おいしく頂きました。
miyazakigohan
その後は自然の野生馬が放たれている都井岬を目指し日南海岸を南下することに。

南国気分にひたりながら海沿いを気持よく走るのですが、南下していくうちに道は細くなり、
高低差も激しい。なにしろすぐ横が崖ですからうかつによそ見してたらうっかり落ちてしま
いそうでちょっと怖かったですね。ところどころで車を降りてパシャリ。
umi4
umi3
まわりには人影も何も無く、世界にたった一人自分だけしかいない感覚に。目の前には
ただただ吸い込まれてしまいそうなおそろしいほど青い海が広がるのみ。なぜだかわか
らないけどなんだかちょっと不安になったりして。
umi2
umi1
しかし遠い。ひたすら走るのですが全然つきません。幸島あたりまで行き、もうすぐかなぁ
と思っていると、「この先道路決壊」の看板が。なんと少し戻ってからぐるりと迂回して行か
ねばならないとのこと。

うひ~~~っ。もっと早く教えてよぉ~~!!

この時点で15時20分、徐々に日が傾きはじめており、あと2時間もすれば暗くなってしまう。
せっかくここまで来たのだから都井岬まで行きたいけれども、帰りが怖いなぁ、、と。
だって道路には全然照明なんてものがないわけですよ。帰りの山道と、海沿いの崖の道を
車のライトだけを頼りに真っ暗な中走るのは鳥目の自分には危険すぎる。
翌日は宮崎駅近辺での仕事も控えていたので無理するのはやめようと断念することに。

引き返しはじめて「道の駅なんごう」なる場所でちょいと休憩。
高台から望む光景もきれいです。
umi5
海の向こうは太平洋。
umi6

マンゴーソフトクリームがめちゃくちゃおいしかった。
mangosoft
そこにこんな張り紙が。
harigami
先にここに立ち寄っていれば「道路決壊」の情報を知り得ることができたのね。。。


その後は来た道を宮崎市内方面へひたすら北上。途中で鵜戸神宮に立ち寄る。
ここはテレビなどでもよく取材されて、岩窟内に本殿があるということで有名ですね。
udojinguu1
udojinguu
udojinguu2
udojinguu3
本殿前にある亀石という岩に男性は左手、女性は右手で運玉という石を投げて枠内に
入れば願いがかなうというのですが、2回購入して(計10個)投げたものの惜しくも入らず。
udojinguu4
しかし海沿いの崖っぷちに神社があるってのもなんか凄いなぁ。
感慨にひたりながら車を走らせ宮崎市内のホテルに到着した頃にはやはりもうとっぷり
と日が沈み暗くなっておりました。

翌日はお仕事だけで1日が過ぎまして。

そのまた翌日帰りの日、飛行機までの時間をレンタカーを借りて近場をめぐることに。
miyaakikencyo
↑宮崎県庁。
↓どげんもせんかった人の像。
hage

続いて江田神社。こちらは伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)、
つまり日本最古のご神体を祀る神社だそうです。
edajinjya
そしてその奥の林の中へに入っていくと御池(みそぎが池)があります。
oike
ここは伊邪那岐命(イザナギノミコト)が黄泉(ヨミ)の国で汚(ケガ)れを受けた後に
「みそぎ」をしたと言われている池で、その時に産まれたのが、太陽の神・天照大御神
(あまてらすおおみかみ)なんだそうです。

何故か亀が気持よさそうに日向ぼっこしてました。
kame1
近くに寄っても微動だにしません。かわいい亀でした。
kame2

天照大御神の産まれたという御池と太陽をパシャリ。
amaterasu
なんとなくですが、なんか神々しく天照大御神が手を広げているように見えません?

その後は青島へ。
aosima
aosima2
鬼の洗濯岩にかこまれるように青島があり、島の南中央にはひこほほでみのみこと
(山幸彦)、后の豊玉姫命、塩椎神(塩椎老翁)を祀る青島神社があります。
aosima3
aosimajinjya
というか、島自体が神社ですね。しかも色々趣向が凝らされていて面白かったです。

お参りした後に島の周りをぐるりと裏側にまわってパチリ。どこかの南の島みたい。
aosima4
その後青島亜熱帯植物園を軽く散策。
syokubutuen
記念に宮崎肉巻きおにぎりを食べてみた。まぁ、フツーにおいしい。
nikumaki
そして宮崎空港へ。
帰りの飛行機は窓際がとれたのですが、暗い闇の中街の灯りなどがうっすら
見えたりして夜のフライトもなかなか幻想的でよかったです。
1時間30ほどで羽田へ到着。遠いけど飛行機だと近いもんなんですねぇ。
くたびれたけどそれなりに楽しめた3日間でした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://acidgag.blog80.fc2.com/tb.php/180-904e4756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。