ショボぐだら
ショボショボでぐだぐだな日々をだらだら書いたり書かなかったり・・・・・ ああ、この説明自体がもう既にショボぐだら。。。

プロフィール

ACIDGAG

Author:ACIDGAG
ようこそいらっしゃいました。
ACIDGAGでございます。
↓こちらのyoutubeチャンネル
 あわせてご覧下さい。
http://jp.youtube.com/user/ACIDGAG
よろしくどうぞっと。

acid_gag@live.jp



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

ACIDGAGホームページ youtubeACIDGAGチャンネル [filmo] CM、つくってみない? - 動画コンテスト [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽々カンタン「Corel VideoStudio12 Plus」

いつもお世話になっているfilmoの運営会社であるエニグモがおこなっているサービスにプレスブログなるものがあります。個人のブログを活用したバイラルプロモーションとのことなのですが、要はプレスブログを介して依頼主である各企業の新商品のレビューとかおすすめポイントなどをブロガー達が書くとひょっとしたらお小遣いがもらえるかもしれないということらしいですね。
ちなみにだいたい130~150円/1ブログ(先着500名様+抽選500名様)くらいのようです。
blogをついつい放置してしまいがちな方などにはネタのひとつになるうえにジュース代くらいにはなる、ということですね。塵も積もれば山となるといいますが、130~150円は塵ではなく立派なお金ですし積もってくれたらうれしいわけです。私などもblogをそこそこ更新できる月とてんで放置してしまう月とでかなり波があるので、せっかくだしやってみようかなと。とはいえガツガツやる気はしないので(ガツガツやるつもりだとあからさまなちょうちん記事になってしまうだろうから)、自分にとってよさげな時だけやってみようってかんじですけどね。

ということで、さっそく今回ご紹介するのはビデオ編集ソフト「Corel VideoStudio12 Plus」でございます。「VideoStudio」シリーズは、初心者からコアユーザーまで使うことができるる国内シェアNo.1(*1)ソフトとのこと。「Corel VideoStudio12 Plus」では、Blu-rayディスクオーサリング対応など新機能が満載だそうです。
さっそく体験版をダウンロードして使ってみました。以下、あくまで私の感想です。

①編集画面
さて、ビデオから取り込んで編集する訳ですが、①図のようにわかりやすくとっても簡単です。
ホント説明書いらず。これは初心者も含め編集する楽しさを実感できますねぇ。

   
②ペインティング・クリエイター     ③FLVファイルの出力に対応


②ペインティング・クリエイター(ビデオや写真に「手書き」で絵や文字を描くことができる)という面白い機能もついていますので映像にラクガキして楽しむのもひとつです。
また、③オンラインアップロードに適したFLVファイルの出力に対応しているので動画共有サービスなどに簡単手軽、しかもきれいに自分の動画をアップすることができるという訳です。


④NewBlue社のビデオフィルタを72種類追加!

そして、使ってみてとても面白いと思ったのが④NewBlue社のビデオフィルタでした。
ナイトビジョンや60年代風映像、明滅などカスタマイズ可能な72種類ものビデオフィルタが多数追加されさらに効果の自由度がアップし、個性的な映像を作成することができるとのことなのですが、まさしくそうですね。これは実際試してみただけでも豊富なアイデアが色々わいてきます。同じ映像シーンでもフィルタがかかるだけで凄くポップになったりオカルト調になったり、もうたまらなく楽しいですよ。

以下、実際自分で撮った映像にビデオフィルタをほんのいくつかですが試してみましたのでよろしければご覧ください。尚、かなりの手ぶれ映像ですが、どうかご容赦のほどを。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://acidgag.blog80.fc2.com/tb.php/106-3ad26c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。