ショボぐだら
ショボショボでぐだぐだな日々をだらだら書いたり書かなかったり・・・・・ ああ、この説明自体がもう既にショボぐだら。。。

プロフィール

ACIDGAG

Author:ACIDGAG
ようこそいらっしゃいました。
ACIDGAGでございます。
↓こちらのyoutubeチャンネル
 あわせてご覧下さい。
http://jp.youtube.com/user/ACIDGAG
よろしくどうぞっと。

acid_gag@live.jp



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

ACIDGAGホームページ youtubeACIDGAGチャンネル [filmo] CM、つくってみない? - 動画コンテスト [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


才能のお値段(「わたし出すわ」スピンオフ)

いつもお世話になっている公募CMコンテストのfilmoへの応募作品です。
小雪さんが主演している森田芳光監督作品「わたし出すわ」
スピンオフストーリー、予告編、オリジナルCMを募集とのことでした。
例によって監督・脚本・撮影・主演・助演/すべて「私」一人でございます(○´ω`○)

「わたし出すわ」
主演:小雪
脚本・監督:森田芳光
ストーリー:故郷に帰ってきた主人公摩耶は、次々と友人の夢に対して大金を差し出す。
果たして摩耶のお金の出所は?大金を差し出した摩耶の意図とは?
摩耶からお金を受け取った友人たちの夢や希望の結末は-?
「わたし出すわ」のその先にそれぞれの“未来”が見えてくる-

詳しくはこちら
http://watashi-dasuwa.com/

追記:結果的には残念ながら今回賞はとれませんでした。
とはいえ投票数が72票あったことをうれしく思います。
投票してくれた方々に心より感謝いたします。どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

スローライフの新提案!!

いつもお世話になっている公募CMコンテストのfilmoで募集していた
パチスロ「どんまい!ちゅー吉」CMコンテストに応募した作品です。
ちなみにちゅー吉については以下の紹介文がのっていました。
「どこかの町の平和な村に、気ままに暮らしているハムスターのちゅー吉がいます。
ちゅー吉はドジであわて者、すぐ失敗するが前向きでハイテンション、のーてんきな
主人公です。ちゅー吉の毎日はごはんを作ったり、車庫入れしたり、読書したりと大忙し。
あなたもちゅー吉と一緒に、スローライフを楽しんでみませんか?」とのことです。

追記:結果的には残念ながら今回賞はとれませんでした。
とはいえ投票数が95票もあったことをうれしく思います。
投票してくれた方々に心より感謝いたします。m(。。)m
どうもありがとうございました。

Artmic8neoさんと初呑み

先日、アニメーション作家でイラストレーターのArtmic8neoさんと
下北沢にてお酒を呑みながらじっくりお話する機会をえました。

そもそも最初に彼を知ったのはfilmoで銅賞に輝いた作品の目覚めよ!ダイソン

悪そうでCOOLな博士やダイソンロボのデザイン、導入部分からのワクワクするかんじ等
うわぁカッコイイ!!と衝撃を受けたことをよく覚えています。

他にもいっぱい素敵な作品があるのですが、中でも特にこの作品は凄く好きです。

いかがです?なんとも味わい深くて良いでしょう?これ見た時シビれました。

ちなみにArtmic8neoさんの最新作品『Horizon』が、このたび西東京市民映画祭自主製作
コンペティションで入賞
されたそうです。10月4日(日)西東京市保谷こもれびホールで入選
作品の上映と表彰式を開催するそうです。

こうした本格的な作品を作る作家さんと差しで呑むということで
ワクワクしながらも実は不安もあったのですが(私人見知りなものでして)、
いざお話してみるととても温かい方で話題も豊富でおもしろく、
実に有意義な時間を過ごす事ができました。
18時からお会いして、ふと気がつくともう終電間際の24時。
楽しい時間は進み方もとても早く、まさにあっという間の6時間でした。

思えばyoutubeやfilmoがなければ、
あるいはテクノロジーの発展がなければ
そしてそれぞれがwebに動画をupしていなければ
お互い知り合うこともなかったんだろうなぁと思うと
出会いや縁というのもなんというかおもしろいもんですねぇ。

小田原かまぼこの真髄

公募CMコンテストサイトのfilmoで募集していた
小田原鈴廣かまぼこのCM募集に応募した作品です。

今回撮影するにあたり鈴廣のかまぼこを食べたのですが、
味も食感もしっかりしていてかなり美味しかったです。
さすがは慶応元年1865年より守られた天然素材100%の伝統の味。
まだ食べたことのない方は、こちらのHPで購入できるようなので
ぜひ食べてこの美味しさを実感してみてはいかがですか。

『小田原かまぼこの真髄』

この作品については、移動にかなり時間がとられました(^^;)。
小田原の海が撮りたかったけれどもなかなか時間がとれず、
ようやく小田原の海に行けたのが締切日当日の夕方17時~18時頃。
もう暗くなりかけていたのであわてて撮影。
撮影で使用するかまぼこをネットで購入していたけれども
まだ到着していなかった為、小田原鈴廣小田原駅前店で購入。
急いで都内に戻ろうとするものの時間がかかり、21時過ぎにようやく帰宅。
室内シーンを撮影し、あわてまくりながらバタバタと編集。
本当はもっと内容的につめたい部分もあったものの
締め切り時間ギリギリ23:59に辛うじて投稿。

追記:結果的には残念ながら今回賞はとれませんでした。
とはいえ投票数がナント179票もあったとのこと!!大変うれしく思います。
投票してくれた方々に心より感謝いたします。m(。。)m
どうもありがとうございました。

P-LABO映画祭行ってきました

P-LABO映画祭いってきました。
様々なタイプの自主映画作品が上映されました。
若干のトイレ休憩はあったものの、
さすがにほぼ6時間ぶっ通しで見たようなものなので
今はクタクタでございます。
とはいえ無料でしたし贅沢な体験でした。
色々な監督さんや役者さんたちがいて
それぞれみんながんばってやっている、
その熱たるや素晴らしいですね。
みなさんお疲れ様でした。

個人的にはやはりArtmic8neoさんの作品
Horizonがとてもよかったです。
ストーリーが深遠でありスケールが大きく、
映像もとても美しくかなり凝っている。
これは知り合いだからひいき目、という訳では決してありません。
知り合いでなかったとしても目を引かれたことでしょう。
ちなみにこの作品、次の上映が既に決まっているようです。
新情報はこちらのページでそのうち更新して行くとのことです。

しかし知り合いといいつつも今まではメールでのやりとりだけでしたので、
Artmic8neoさんとは今日初めて会話をしたことになります。
色々な活動を精力的にされていたのでひょっとするとエネルギッシュで
もっと押しの強い方かと思ったりもしたのですが、物腰がとてもやわらかな方
だったのでなんだかホッと安心しました。
ってなんだそりゃ。


明日9月12日の土曜日

明日9/12(土)13時より世田谷区梅丘パークホールにて
映画『ゴジラ×メカゴジラ』などの脚本家、三村渉氏主宰の
P-LABO映画祭なるものがあるようでございます。

いろいろな作品が上映されるようなのですが
その中でfilmoでもおなじみ、質の高いアニメーションを作られる
Artmic8neoさんの作品も上映されるとのこと。

これは楽しみ。
しかもナント無料だそうです!!

お時間ある方は行かれてみてはいかがでしょう。
私も行ってこようっと♪

ちなみにこのP-LABO映画祭のCM動画もArtmic8neoさんが作ったそうです。

尚、詳し情報はhttp://redqueen.oops.jp/filmfes/2009/に書いてあります。



うまかっちゃんが一番よか!!

いつもお世話になっている公募CMコンテストのfilmoで募集していた
うまかっちゃん30周年記念CMコンテスト~定番商品の部~のCM募集に応募した作品です。

「うまかっちゃん」「一番」というのが耳に残ればといいなと思い制作しました。
あからさまに他の製品等と比べて一番良い!!というと角が立ちますので
一応、他社製品との比較における最上級表現にはならないよう配慮しつつ
ユーモラスな内容でありながら「うまかっちゃんが一番たい!!」「うんうん一番よか!!」
という響きが無意識に頭の中に入り込んでくれたならうれしいなと。
そして「うまかっちゃん=一番良い」⇒「一番良いなら買ってみよう」「食べてみよう」
という流れになることが理想でございます。

それはそうと、この度初めて「うまかっちゃん」を食べたのですが、本当においしかったです。
九州限定なんていわずに東京のスーパーとかでも買えるようにしてほしいと思いました。

追記:結果発表ありました。残念なことに今回は落選してしまいましたが、
ありがたいことに167票のご投票を頂きました。
投票して下さった方たちにあらためて感謝いたします。
本当にどうもありがとうございました。

食べたらわかる!!火の国流とんこつ

いつもお世話になっている公募CMコンテストのfilmoで募集していた
うまかっちゃん30周年記念CMコンテスト~ご当地ラーメンの部~
のCM募集に応募した作品です。
「火の国流とんこつ」という商品名を覚えてもらうことに重きをおき、
『火の国』が印象に残るよう制作しました。
同時に、「誰でもあっという間に簡単に出来上がるおいしいラーメンである」
ということも表現したつもりでございます。


追記:結果発表ありました。残念なことに今回は落選してしまいましたが、
ありがたいことに86票のご投票を頂きました。
投票して下さった方たちにあらためて感謝いたします。
本当にどうもありがとうございました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。