ショボぐだら
ショボショボでぐだぐだな日々をだらだら書いたり書かなかったり・・・・・ ああ、この説明自体がもう既にショボぐだら。。。

プロフィール

ACIDGAG

Author:ACIDGAG
ようこそいらっしゃいました。
ACIDGAGでございます。
↓こちらのyoutubeチャンネル
 あわせてご覧下さい。
http://jp.youtube.com/user/ACIDGAG
よろしくどうぞっと。

acid_gag@live.jp



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

ACIDGAGホームページ youtubeACIDGAGチャンネル [filmo] CM、つくってみない? - 動画コンテスト [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全労済マン

filmoの公募CMコンテストに応募した作品です。
『全労済50周年』TVCMの募集とのことでした。
全労済とは? 『“こくみん共済”でおなじみの保障の生協「全労済」。
全労済がおこなう保障に関わる事業は、「保険」ではなく「共済」と呼ばれており、営利を目的とせずより安価に安心をご提供するというのが全労済の大方針です。また、「一人は万人のために、万人は一人のために」この言葉に象徴されるように、全労済の活動は人と人との“協同”を原点に組合員の生活を守り、豊かにすることが目的だそうです。

スポンサーサイト

ザックリザクザク、ザクッとザクティ

filmoの公募CMコンテストに応募した作品です。
今回のはSANYO・Xacti(ザクティ) のCMです。

下記のテーマから1つ選び映像を制作するようにとのこと。
テーマA:撮影しながら色々なことが楽しめる
「撮影しながらいっしょに○○」している映像を制作。
(○○に入れる内容は自由です。)
テーマB:WEBにもかんたんアップロード
「あっという間」や「スピード感」を、テーマに映像を制作。
テーマC:撮った動画を手軽に共有
「誰かに伝えたい想い・出来事」を、テーマに映像を制作。

ちなみに私はテーマBを選びました。



Qriomで会議も安心

filmoの公募CMコンテストに応募した作品です。
Qriom ボイスレコーダーの認知拡大・魅力伝達が目的とのことです。




日経就職ナビ2010父子編

filmoの公募CMコンテストに応募した作品です。学生が本気で誇れる就職をバックアップする就職情報サイト『日経就職ナビ2010』の認知拡大・話題喚起が目的です。
ちなみに今回は、TVCMの動画素材を改編・編集せず、そのまま使ってオリジナルCMを作るようにとの縛りがありましたので途中で実写映像のTVCMが流れるのはそうした理由からであります。




「オリジナルパソコン購入店講座」filmo企業賞受賞!!

10/4のエントリにもあるのですが、株式会社ユニットコムが展開しているfaithTWOTOPパソコン工房の公募CMコンテストがありました。「オリジナルパソコンで変わる!!あなたの日常」というテーマでfilmoにて募集をしていたので応募してみたところ、その結果がついにでたようです。大変ありがたいことに私の作品「オリジナルパソコン購入店講座」が企業賞を頂きました!!
pasokonkoubou
↑クリックすると大きくなります。
↓こちらが企業賞を頂いた動画「オリジナルパソコン購入店講座」です。



今回のこの公募は企業賞が7万円と高額だったこともあり、今現在とても貧乏な私は是非とも企業賞が欲しかった訳であります。ですので、本当に企業賞を頂けた事はすっごくうれしく、とてもありがたいことでございます。

制作の際に考えた事はとにかくfaithTWOTOPパソコン工房の名前を覚えてもらおうと。
外国人と日本人の会話の中で自然にオリジナルパソコンの良さがわかり、しかもお店の名前が耳に残ってしまう。それをテンポよく表現できたらいいなと思って作ったわけですが、結果的に自分なりに満足いける仕上がりになったと思います。とはいえ、自分なりに満足いっても賞が獲れるかどうかはまた別の問題であります。
ですので自分も満足できて、賞も頂けてという事はなかなかないだけに非常に喜びもひとしおなのでございます。

さて、実際作品上でもいってるわけですが、メーカー製パソコンは余分なものが勝手にいれてありすぎると常々思っておりました。今まで使っていたパソコンも1度も使わないソフトがいくつも入ってたりして、そのせいでメモリ食ってたりしたからなんだそれと。そういうムダに気がつきはじめた人々はオリジナルパソコンに流れるでしょうし、今後益々増えていくでしょう。
とはいえどこのお店が良いのか、どうしていいのかわからないという方も多いかと思われます。

そこで、専門性の高さから購入後のサポートもこなす「街のパソコン屋さん」パソコン工房
主にハイエンドユーザー向けに特化した秋葉原・日本橋(大阪)のPCパーツ専門店faith
全国主要都市にショップを展開し、幅広い品揃えのパソコン、関連グッズを扱っているTWOTOPを知っておけば今後自分流のパソコンが欲しくなった時に困らないのであります。


ひたちなか地区CM「土地が売れそうで賞」受賞!!

ひたちなかの結果1 コピー

こちらで結果が発表されているのですが、9/29エントリの「ひたちなか」がなかなかいい理由
茨城県企画部ひたちなか整備課主催のひたちなか地区CM審査会から「土地が売れそうで賞」
頂きました。

ひたちなか地区ブログ「タヒチかな?ひたちなか」にてそれぞれの作品の講評や審査会で寄せられ
たコメントがのせてあります。ちなみに私の作品には
「アニメと写真をうまく組み合わせている作品です。常に冷静な部下に比べて,表情が豊かな社長
さんのキャラクターがポイントです。最後のキラキラした瞳がたまりません・・・。
こういう瞳を持つ社長さんだからこそ,激動する時代を乗り切ってビジネスで成功を収めることが
できるのだと思います(?)。」との温かいコメントを頂きました。
審査会で寄せられたコメントでは
「テンポがいい」「ビジネス寄りの情報が多い」「優遇制度の説明が具体的」
との声があがっていたようです。

なにはともあれ、ひじょ~にありがたいことでございます。



QFOスペシャル特別編

filmoの公募CMコンテストに応募した作品です。

タカラトミーの大人ホビー「Qシリーズ」より新商品登場!その名も「QFO」(キューフォー)
ということで今回は、謎の未確認飛行物体「QFO」の認知拡大・販売促進が目的です。
回転しながらフワフワと宙を舞う、その飛んでいる姿はまさにUFOそのもの!!
東京おもちゃショー2008ではブース内でひときわ観客を集めたそうで、まさに大人も夢中に
なって楽しめる商品であります。

QFOスペシャル特別編

*もしとても重かったり見れなかったりした場合はこちらからご覧下さいませ。


オリジナルパソコン購入店講座

filmoの公募CMコンテストに応募した作品です。
今回の案件は「オリジナルパソコンで変わる!!あなたの日常」というテーマで、主目的はパソコン工房FaithTWOTOPのオリジナルパソコンとintel(Centrino2、Core2Duo、Core2Quad搭載)の認知拡大であります。



LOVEな飲み物「ふってふってゼリー」

filmoの公募CMコンテストに応募した作品です。お題はポッカ「ふってふってゼリー」
ふって楽しい、とろける食感が楽しめるゼリー飲料「ふってふってゼリー」は、グレープ、グレープフルーツ、りんごの3タイプ。いろんな食感を楽しむことができ、仕事中の小腹がすいたときや、朝食、おやつとしてどこでも手軽にゼリーを楽しめるわけです。
LOVEな飲み物「ふってふってゼリー」



楽々カンタン「Corel VideoStudio12 Plus」

いつもお世話になっているfilmoの運営会社であるエニグモがおこなっているサービスにプレスブログなるものがあります。個人のブログを活用したバイラルプロモーションとのことなのですが、要はプレスブログを介して依頼主である各企業の新商品のレビューとかおすすめポイントなどをブロガー達が書くとひょっとしたらお小遣いがもらえるかもしれないということらしいですね。
ちなみにだいたい130~150円/1ブログ(先着500名様+抽選500名様)くらいのようです。
blogをついつい放置してしまいがちな方などにはネタのひとつになるうえにジュース代くらいにはなる、ということですね。塵も積もれば山となるといいますが、130~150円は塵ではなく立派なお金ですし積もってくれたらうれしいわけです。私などもblogをそこそこ更新できる月とてんで放置してしまう月とでかなり波があるので、せっかくだしやってみようかなと。とはいえガツガツやる気はしないので(ガツガツやるつもりだとあからさまなちょうちん記事になってしまうだろうから)、自分にとってよさげな時だけやってみようってかんじですけどね。

ということで、さっそく今回ご紹介するのはビデオ編集ソフト「Corel VideoStudio12 Plus」でございます。「VideoStudio」シリーズは、初心者からコアユーザーまで使うことができるる国内シェアNo.1(*1)ソフトとのこと。「Corel VideoStudio12 Plus」では、Blu-rayディスクオーサリング対応など新機能が満載だそうです。
さっそく体験版をダウンロードして使ってみました。以下、あくまで私の感想です。

①編集画面
さて、ビデオから取り込んで編集する訳ですが、①図のようにわかりやすくとっても簡単です。
ホント説明書いらず。これは初心者も含め編集する楽しさを実感できますねぇ。

   
②ペインティング・クリエイター     ③FLVファイルの出力に対応


②ペインティング・クリエイター(ビデオや写真に「手書き」で絵や文字を描くことができる)という面白い機能もついていますので映像にラクガキして楽しむのもひとつです。
また、③オンラインアップロードに適したFLVファイルの出力に対応しているので動画共有サービスなどに簡単手軽、しかもきれいに自分の動画をアップすることができるという訳です。


④NewBlue社のビデオフィルタを72種類追加!

そして、使ってみてとても面白いと思ったのが④NewBlue社のビデオフィルタでした。
ナイトビジョンや60年代風映像、明滅などカスタマイズ可能な72種類ものビデオフィルタが多数追加されさらに効果の自由度がアップし、個性的な映像を作成することができるとのことなのですが、まさしくそうですね。これは実際試してみただけでも豊富なアイデアが色々わいてきます。同じ映像シーンでもフィルタがかかるだけで凄くポップになったりオカルト調になったり、もうたまらなく楽しいですよ。

以下、実際自分で撮った映像にビデオフィルタをほんのいくつかですが試してみましたのでよろしければご覧ください。尚、かなりの手ぶれ映像ですが、どうかご容赦のほどを。



filmoで銀賞!!

↓3つ下の9/25のエントリ<スコッチ>メンディングテープをどうぞfilmo銀賞を頂きました。
 賞にからむのは久しぶりのことでしたし、今回は5万円頂けるようなのでホント、助かります。
 とてもうれしく、ありがたいことでございます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。